スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏季総体 観戦記 その3 ~慎平とよっちゃん~

僕   「慎平、よっちゃんに勝てそうか?」
慎平 「山口、最強だよ」

山口 「郡に負けたら、都大会出られるんですか?」
僕   「ベスト8だから大丈夫だよ」

なんだか、控えめな二人。
ちょっと、シャイで、やさしい二人と僕との試合前の会話です。

この二人、公式戦では、なぜか初顔合わせ。
両ハンドを目指すレフティ、言葉数の少ない二人ですが、どこか気が合うようです。

慎平、よっちゃん、二人とも、大会では、多くの涙を流しています。
2007年の夏、慎平は、4回戦で、元樹くんにストレートで敗れ、涙しました。緊張でガチガチの慎平は、足が動かず、身体も動かず、まったくの完敗でした。力を出し切れなかった慎平は、涙をぽろぽろ流しました。
その同じ大会で、よっちゃんは、春に勝った下地君(今は関東一校で活躍中!)に敗れ、隠し切れない涙が僕の目に入りました。

気の弱いと言われた二人が、試合前、ホント気の弱そうな言葉を吐いて、試合に臨みました。

でも、その二人の試合は、とても準々決勝などとは思えない、見応えのある試合でした。
ゲームオールで迎えた最終ゲームも、9-9。どちらが勝っても、誰も文句の言えない、素晴らしい試合でした。

結果、卓球の神様の気まぐれは、慎平の勝利。

清新二中・秩父コーチの「最後はハートだぞ」という声は、よっちゃんだけでなく、慎平にも届いていたはず。

二人を、もう、気弱だなんて、呼ばせません。
この試合に勝った慎平も、敗れ涙したよっちゃんも、もう、気弱のレッテルは捨てました。

二人が卓球台の前で、堂々と構え、大きな勝ち鬨をあげる姿が目に浮かびます。

都大会、二人が一回り大きくなって、大躍進することを心から期待しています。
スポンサーサイト

comment

Secret

来年の夏まで続く良き相手です

夏大会の上位は二年生が独占、その中で慎平君優勝おめでとう。山口君との試合もお互いにラリーや相手を揺さぶる戦術を駆使してて、見てるこちらも素晴らしい熱戦の一つになり今回勝利した慎平君は喜びの顔で敗北した山口君は顔をタオルで覆い涙してました。試合である以上勝敗がついてしまいますが、互いがプレッシャーを感じつつ試合をする、これが一つの卓球の醍醐味であると確信し、より一層高い実力での試合になると思わずにはいられないそんな一戦になってました。
プロフィール

瑞ポン

Author:瑞ポン
がんばれ、瑞ポンキッズ!

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。